アパート経営で土地活用

アパート経営で土地活用

「アパート経営」は、マンション経営などに比べれば投資額が低く、節税対策にも有効なので、安定した入居状況についてのみクリアすれば長期的な安定収入が期待されます。

サイトトップ > 30年一括借上の安心アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営で土地活用

30年一括借上の安心アパート経営


遊休土地活用でアパート経営を検討している人ならば、まず気になるのが、大東建託の賃貸経営受託システムではないでしょうか。賃貸マンションや賃貸アパートといえば、必ずといっていいほどその名が登場する大東建託です。


そのシステムについてポイントは知っておいた方がいいでしょう。大東建託の賃貸経営受託システムの特徴は、アパート経営などをただ単にサポートするだけには留まらず、土地活用というスタートの段階から、建物賃貸事業の立案、アパートの設計施工をはじめ、入居者の斡旋、運営管理まで一貫して担当するようになっています。


更に、賃貸経営における可能性のある収支変動リスクへの対応についても対応してくれますから、まさに「賃貸経営の全てを任せる」というトータルシステムなのです。これが大東建託の賃貸経営受託システムの骨子です。


特にオーナーが気になるのは空室がある時の家賃減少の問題や景気環境による家賃相場の変動だと思いますが、退居時の原状回復費のことや以後の建物修繕費のことなど、他にもオーナーの経営不安材料は数多くあります。収入や支出両面での変動リスクに対応し、こんなリスクまでまとめて解消して、将来にわたる安定経営を標榜しているのが、30年一括借上を採用した新しい賃貸経営受託システムで、一度検討してみる価値は大いにありそうです。


アパート経営で土地活用

MENU



スポンサードリンク